地物にこだわっている店にまた行ってしまったが、あー、三浦ならではのものを味わう。

三浦海鮮たこ
三浦海鮮きんめ
三浦海鮮かわはぎ
三浦海鮮めといか
三浦海鮮さば

地物のお寿司@海鮮・神奈川三浦海岸

三浦海岸方面に行くと必ず立ち寄る店がある。
京急の三浦海岸駅から徒歩数分の回転寿司「海鮮」だ。
せっかく三浦に行ったのだからマグロ、なんてのは発想が貧困。
理由は、三崎のマグロは基本、冷凍だから。でもまあ、それでも美味しいんだけど。
しかし、せっかくおいしいものが揃っているのに、マグロだけなんてもったいない。

このお店の嬉しいところは地物にこだわっているところ。
今回いただいたのは、タコ。そう、佐島のたこと一緒だよねえ。
それに大好きな「めといか」。これは剣先系の小ぶりなヤツ。
これが歯ごたえと甘みで、大好物。
さらには高級イカ、剣崎沖のアオリイカ。
それにキンメ。これは伊豆から銚子までそりゃ、近辺でよく上がる高級品。
さらには、三崎で上がったカワハギの肝付。これはこれはという感じ。

やっぱり主役はさば。
今では「地物のさば」といういい方しかしていないが、
ちょっと前までは、はっきりと「松輪の鯖」と言っていた。
まずいはずがないわけで、うちの夫婦はこれをいつも大量にお願いします(笑)
まったくの生鯖なので、口に広がるねっとりとした油と甘さは、絶品。
しかも2カンで210円。そりゃ、たくさん食べますって。
ネタもしゃりもちょっと小ぶりなのが嬉しい。

夫婦二人で、ビールもいただき、おなかいっぱいで3600円ぐらい。
それはそれは、ヤスネタ好きの夫婦だけの現象ではない気がする。

海鮮紹介のyahooグルメ

このブログをご覧になりましたら、下の「ランキングへ」をクリックしてください。
このブログがランキングに登録されるのだそうで、どうぞご協力を。

ランキングへ

ちょっと関わりのある宅配業者

やっぱり海のそばがいいなあ、浜辺で育った本人がつぶやく寺泊。

寺泊イカ
寺泊エビ

イカの丸焼きと甘エビの唐揚げ@角上魚類・新潟寺泊

前々回のブログで書き込んだ翌日、寺泊に立ち寄った。
よくテレビなどでも紹介される市場通りだ。
なんと前日1500円でいただいたイッパイ丸ごとのイカのお刺身がここでは300円。
確かに小ぶりでプラスティック容器入りではある、
しかし何となく納得いかない(笑)。

店頭では、肉厚のアカイカの丸焼き250円、新潟のこの時期の名産、
甘エビの唐揚げ200円も売っていた。
いずれも東京でも最近はおなじみになってきた角上魚類で購入。
車ではない特権で店先で缶ビールで乾杯してみた。
もうため息が出るぐらい美味しい。
特に甘エビ。これはここでしか味わえない、激ウマ。
一度にいただくにはあまりにもったいないので、全部食べずに、
その日に泊まる予定のキャンプ場まで持っていったぐらい。

やっぱり日本海は海のそばに限る。
と思ってしまう、そんなウマサだった。
お魚万歳。

角上魚類

このブログをご覧になりましたら、下の「ランキングへ」をクリックしてください。
このブログがランキングに登録されるのだそうで、どうぞご協力を。

ランキングへ

ちょっと関わりのある宅配業者

山の温泉街なのに日本海と新潟のうまいもの目白押しが嬉しい。

寿々木えだまめ
寿々木いか
寿々木油揚げ
寿々木米なす

地元料理@寿々木・新潟松之山温泉

予定を変更して訪れた松之山温泉。
たまたま泊まれる宿が素泊まりの民宿。
ご主人にすすめられるままに行った隣のお店がここだった。

ちょっとこぎれいな地元の料理屋さんは、新潟の海の幸に一家言持っているらしい。
この日も有名になってしまったノドグロを始め、メバル、
剣先、カナガシラ(ホウボウ)などが用意してあった。
当然、イカ好きの自分としては剣先をお願いしたのだが、
値段は1500円と高め、と思っていて出てきてみたら、
なんと帽子からげそまで丸々イッパイそのまんま。
しかも透き通らんばかりに新しい。
独特の甘みがなんとも嬉しい。

ついでにと思い、こくが自慢の新潟名産の黒崎茶豆(枝豆)、
さくさくバカウマの栃尾の油揚げの納豆包み、
さらには米なすのグラタンまで頼んでしまった。
これが、どれもイカ以上に量が多すぎる。
枝豆はてんこ盛りだし、米なすは半身ではなく丸々一個、
栃尾の油揚げにいたっては、
はがき二枚分ほどの大きなカリカリ油揚げが
まるまる一本運ばれてきた。
このあたりが東京とは全く違うんだ、と思ったときにはもう遅い。

それでも、全くといっていいほど、どれも地元の味は美味しい。
新潟はいいところだ、改めてそう思わせる
そんな地元の料理だった。

寿々木

このブログをご覧になりましたら、下の「ランキングへ」をクリックしてください。
このブログがランキングに登録されるのだそうで、どうぞご協力を。

ランキングへ

ちょっと関わりのある宅配業者

夏なのに、汗を吹き出しながらいただくもつ鍋は最高

まる豚1まる豚2まる豚3まる豚4まる豚5


肉、もつ系料理@まる豚・東京神田

いやはや、とにかく安くて抜群に美味しい肉系のお店。
つい先日パーティでお邪魔したのだが、今風の考えられたお店。
どうやら肉に関してはかなりのこだわりを持っているらしい。

最初に出てきたのが豚の店名に違わず、「牛タン」(笑)。
しかもめちゃくちゃ柔らかい、口に入れるととろけるタン。
鼻に抜けるわさびでいただくと絶妙のコンビネーション。
これはスゴイ、トップバッターイチローでこれだからこの後がかなり期待できる。

そして、その期待を裏切らない料理がドンドン運ばれてくる。
オリーブオイル、ニンニク、タマネギをウマイ具合にソースに仕上げた
レバーステーキ。歯触り抜群のナンコツごとたたいたつくね、他、
その数数えきれず。極めつけは
ホルモンのうまみを究極まで引き出した辛鍋。
しかも冬じゃなくてこの季節にいただくばからしさ。
汗をぬぐいながら、ドンドン鍋が減っていく。

肉料理だけでおなかがはち切れんばかりで、デザート付き。
飲み放題をつけてもらってひとり5000円。さて、安いか高いか。
肉にこだわるコダワリのお店。

まる豚Web

このブログをご覧になりましたら、下の「ランキングへ」をクリックしてください。
このブログがランキングに登録されるのだそうで、どうぞご協力を。

ランキングへ

ちょっと関わりのある宅配業者

こういうお店に当たると、日本の食文化はいいなあ、と、素直に思ってしまう。

ときわ食堂1
ときわ食堂2

新秋刀魚とイカ柔らか煮@ときわ食堂・東京巣鴨地蔵通り商店街

2週間ほど前の夜、おなかを空かせて巣鴨の
地蔵通り商店街を歩いていた。
いいに香りに誘われて入ったお店はいわゆる「定食やさん」。
名前は「ときわ食堂」。
以前は地元の憩いの場であったお店が、えらくモダンになっている。

がしかし、いただくものは良くできている。
「イカの柔らか煮」というのはイカをワタごと
醤油と生姜で煮込んだもの。
しかしこれが抜群にウマイ。
これに定食として、味噌汁と小鉢がついて640円。
北海道で捕れだしたという、新秋刀魚は塩焼きでお願いして、
鰺のたたきと、お刺身の盛り合わせと一緒にビールもいただいた。

そんなこんなで、二人でいただくには十分な量と
抜群の美味しさ、でしめて2600円ぐらい。
こんな定食やさんが近くにあれば、とても嬉しい、
そんなお店だった。いいなあ、おばちゃんの原宿。

ときわ食堂のライブドアグルメWeb

このブログをご覧になりましたら、下の「ランキングへ」をクリックしてください。
このブログがランキングに登録されるのだそうで、どうぞご協力を。

ランキングへ

ちょっと関わりのある宅配業者

まがい物かなあ、などと思ったらホンモノだった。唸らせる鶏料理は絶品。

伊勢ろく上野親子丼
伊勢ろく上野ぼんじり
伊勢ろく上野親ささみ

伊勢ろく上野親子丼2

親子丼と鶏料理@伊勢ろく・上野

前回が吉祥寺のいせや、だからというわけではないが、
上野の美術館にいて、その帰りに急に親子丼が食べたくなり、
松坂屋に向かったら、目指すお店がなくなっている。
仕方なく御徒町界隈をぶらぶらしていると「伊勢ろく」の看板を見つけた。
しかも開店したばっかりらしい。まがい物かなあ、と思いつつ、
聞くと7月31日に開店したばっかりとのこと。
御徒町の「伊勢」も、松坂屋地下の「伊勢ろく」もやめて
この上野店になったらしい。

しかも開店セールとして8月23日までビールを含めドリンクが半額、
しかもランチ時は親子丼が半額の340円で食べられるらしい。
たまたまいった時間が、夕方だったので、そのまま焼き鳥もいただいた。
ただし、親子丼はスープと小鉢もついているが、960円だ。

お願いしたのは鶏焼きセット850円、
ぼんじり、250円、たたき400円、それに親子丼、
ビール中生半額を3杯、それに二人分のお通し。
しめて2780円。

まずなんといってもササミが美味しい。
それに叩きはやはりレアにしてもらって、わさびでいただく。
これまた絶品。それに親子丼、人によっては、甘い、という批判もあるが、
うちのストライクゾーン、ど真ん中だ。

詳しく話を聞くと放し飼いの若鶏を、その日店に使う分だけ、
朝絞めて、出すらしい、だから生でも十分楽しめるのだとか。
ただし、当日はまだ開店3日目、ということもあり
注文の滞りなどもあり、ホスピタリティはイマイチだった。
こりゃいいわ、ということで、近日、半額のうちに
今度は親子丼のランチバージョンを戴きに行こうかと思っている。
美味しい鳥屋さんに「いせ」の名前がついているのは偶然かなあ。

上野店がまだない伊勢のWeb

このブログをご覧になりましたら、下の「ランキングへ」をクリックしてください。
このブログがランキングに登録されるのだそうで、どうぞご協力を。

ランキングへ

ちょっと関わりのある宅配業者

またまたの吉祥寺いせやは、風向きの関係で、煙に巻かれず楽しんだ。

いせや吉祥寺


レバー、ハツ、鶏@いせや本店・吉祥寺

レバー、ハツ、鶏は、当然塩で。
昭和レトロのままの雰囲気を残して、いせやが復活してから数年。
吉祥寺界隈のちょっとのみ飲んべえには救世主だろうなあ、と。
あ、「休制酒」かも知れない。

さておき、相変わらず、美味しくて安い。
しかも気軽に立ち寄れる感覚が最高。
初めてのひとには焼き方の強面のお兄ちゃんの前では、
ちょっと敷居が高いかも知れないが、
それでも十分楽しめるお店。

この店の楽しみ方としてはまず、お兄ちゃんに飲み物をつげる。
それが出されてからおつまみのやきとりなどをまとめて注文する。
このとき塩かタレかをしっかりと意思表示するのが基本。
おなかが空いているときにはモモ焼きがおすすめ。
呑みたいときには焼酎を頼んで、目の前にある無料のオレンジ梅割で、
毒々しい焼酎にしてからいただくのがおもしろい。
いきなり戦中派にトリップできる。

お会計は「ごっちゃん」の声をお人ちゃんに伝え、
備え付けのダスターで、自分の周りをきれいに拭き清め、
レシート持って、別の会計にむかう。
今回、レバー2、ハツ1、鶏1+ビールで
しめて740円。安い!!
また行こう、っと。

いせやWeb、って、ホントに?

このブログをご覧になりましたら、下の「ランキングへ」をクリックしてください。
このブログがランキングに登録されるのだそうで、どうぞご協力を。

ランキングへ

ちょっと関わりのある宅配業者

イマドキ魚の名前も分からないヤツがいる、というのはあたりまえらしい。

海鮮山


刺身テンコ盛り@海鮮山・池袋

このお店、刺身の盛り合わせにはちゃんと看板がついてくる。
ご主人によるとメジャーなものでも結構名前の分からないお客が多いらしい。
そんなこんなで、今回お邪魔したのが友人の薦めで行った池袋のお店。
どうやら、もと元は下田の漁師の方が経営しているらしい。
だから、魚に関してはもう、超太鼓判状態。
が、しかし直営なので、笑えるぐらいものがいいのに、安い。

されにご主人が日本酒好きで、このお店のお酒は
直接蔵から買い入れているとのこと。
でも、いわゆる、日本酒っぽい日本酒が主流というコダワリも笑える。
だから、イマドキのサラサラ系日本酒ではなく、濃い味の日本酒が多い。

普段は普通の時間はすぐに満席になってしまって入れないらしい。
しかし9時以降になると空いてくる。
さらにその時間になると、料理が全品半額になると言う。
なんともイマドキ太っ腹のお店だ。

海鮮山ぐるなびWeb

このブログをご覧になりましたら、下の「ランキングへ」をクリックしてください。
このブログがランキングに登録されるのだそうで、どうぞご協力を。

ランキングへ

旧ブログはこちら
ちょっと関わりのある宅配業者

おでんバトルで優勝したのだとか、と言いつつ、それより美味しいものあり。

@海ぼうずおでん

@海ぼうずわらやき

@海ぼうずたたき

静岡おでん@海ぼうず・静岡

静岡に行くとかならず立ち寄るもの、
山田一と沼津魚がし寿司。
しかし今回は違った。おでんバトルなるもので、優勝した
海ぼうずというお店の本店に静岡おでんを食べに行った。
たかだか静岡おでん、と思っていたのだが、このバトルが気になって。

お願いした優勝したメニューは
いわゆる、牛すじ、それにしっかりしたお豆腐、
餅入りの巾着、それに半熟玉子のおでん。
どれもなかなか美味しく、味付けもバランスがいい。
静岡おでんらしく、お茶とかつ節の粉がかかって、400円。
こりゃいい。

しかしそれ以上に良かったのが、鰹のたたき700円。
たまたま仕込みの時にいったのもあって、捌いて、
しかもワラで焼いて、そのまま氷で冷やして、
こりゃもう、美味しいに決まっています。
香ばしく焦げたそれでいてしっかりと脂ののった鰹。
いやー、いいものを頂きました。
しかも富乃宝山のお湯割り500円で。

海ぼうずのWeb

このブログをご覧になりましたら、下の「ランキングへ」をクリックしてください。
このブログがランキングに登録されるのだそうで、どうぞご協力を。

ランキングへ

旧ブログはこちら
ちょっと関わりのある宅配業者

やっぱり名古屋の手羽先は、ここのヤツにに限る。ホントにそう思う

@風来坊手羽
@風来坊みそかつ

手羽先唐揚げ@風来坊・名古屋

最初に友人から情報をもらって、名古屋で最初に手羽先をいただいたときには、
風来坊も名古屋のプリンセス通りの、ただの居酒屋だった。
しかし、一緒いった人間は、突然無口になり手羽をむさぼったのを覚えている。
あれから既に16年ほど、風来坊は、70店舗にもなっていた。
今回訪れた若宮店は、やたらオシャレな若者向け。
最初に訪れた雑居ビルの2階のきったないお店とは、雲泥の差だ。

ともあれ、手羽先は当時の味のまま、
あの甘辛いそれでいてビリからで胡麻が良く利いた手羽先。
ビールに良く合う。今の値段は、一人前440円。
それでも写真の3人前は男女二人でぺろっと食べてしまう量だ。
16年前、古くからいる板さんに聞いたことがある。
一味で漬けたつけだれが重要だと、しかも揚げは当然二度揚げで、
油にはサメの油を混ぜて使っているのだとか。

現在、ライバルである「世界の山ちゃん」は、首都圏で十数軒も展開している。
かたや、風来坊は大宮だけだ。
どうやら、のれん分けを重視しているらしい。
しかし20年ほど前に西武新宿の駅前に出店し、
客足がイマイチで一年ほどで撤退したらしい。
これも当時の板前さんの情報だ。
できれば新宿、渋谷、池袋あたりにも再度出店して欲しいものだ。
写真は手羽3人前と味噌カツ。

風来坊

このブログをご覧になりましたら、下の「ランキングへ」をクリックしてください。
このブログがランキングに登録されるのだそうで、どうぞご協力を。

ランキングへ

旧ブログはこちら
ちょっと関わりのある宅配業者