<< 愛想のいいオジサンが語る語る、ちょっとうるさいけど美味しい生口島の食堂。 | main | 痺れる辛さと舌に来る辛さ、それらを調節できる辛い者好き御用達の絶品。 >>

地元のオジサンが両膝をたたいてアピールするほど美味しい、そんな穴子丼。

たかはし01

たかはし02

たかはし03

地元のオジサンが両膝をたたいてアピールするほど美味しい、そんな穴子丼。

煮穴子丼 @たかはし・富津・千葉

前回の尾道の穴子丼と比べると、これまたスゴイ。
とにかく、ここは筋肉質ではなく、
ハモのように骨ギリしたのではないのか?と思われるほど
ふっくらと炊きあがった、大振りの江戸前穴子丼なのだ。
煮汁もしょっぱすぎず、甘からず、絶妙のバランスで、
ワサビと、海苔ごはんと一緒にいただくと、それはそれはパラダイスだ。
これにあさりのお汁と青柳の小皿、漬け物が付いて、1300円。

事前に地元のオジサンが熱心に勧めてくれた。
普通のお客は貝類を頼むけど、あそこで一番うまいのは、
この穴子丼だと。なるほど。
でも、次回は貝類も食べたい。

たかはし 食べログWeb

このブログをご覧になりましたら、下の「ランキングへ」をクリックしてください。
このブログがランキングに登録されるのだそうで、どうぞご協力を。

ランキングへ

ちょっと関わりのある宅配業者
Comment:
Add a comment:









Trackback:
トラックバック機能は終了しました。