<< が言い始めたのか、三大豆大福のうちの2軒は、とても特徴的。 | main | 季節限定らしいけど、できればこんなおいしいものは、通年にしてほしいな。 >>

どうしても、濃いラーメンを食べたいときはやっぱり家系、でも越していた。

武蔵家01

武蔵家02

武蔵家03

どうしても、濃いラーメンを食べたいときはやっぱり家系、でも越していた。

ラーメン @武蔵家・吉祥寺・東京

吉祥寺のガードを西荻方向に歩いて行くと
あの、とんこつの強烈な香りがしてきて、ほどなくガード下に…
と思っていたら、なんと公園側、丸井の近所に引っ越していました。

この武蔵家、家系の正統派、というか、あの濃い味の典型である
いわゆるとんこつ醤油のかなり濃い系ラーメン。
何かの拍子に急に食べたくなる、そんな依存性も持っている、と思う。
こってりとろとろスープに歯ごたえのある太麺。630円。
それに100円でキャベチャーという生キャベツにスープをかけたシロモノを
一緒にいただくと歯ごたえの切り換えもあって、なかなかいい感じ。
味玉が半熟ではないのが残念だが、総合点としてはかなり上だ。
吉祥寺と言えばどうしてもホープ軒になりがちだが、
舌が「濃さ」を呼んでいるときは最高だ。

が、実は本当のところ、最近、この濃さについて行けない感触を感じ始めている。
だから、同じ吉祥寺では、ひふみ(一二三)(代替わりしたらしい)の方がどんどん身体に合ってきている。
これも年齢だろうか。

武蔵家 Web

このブログをご覧になりましたら、下の「ランキングへ」をクリックしてください。
このブログがランキングに登録されるのだそうで、どうぞご協力を。

ランキングへ

ちょっと関わりのある宅配業者
Comment:
Add a comment:









Trackback:
トラックバック機能は終了しました。