<< 見た目も味も、普通とは異なる超有名グループの、うますぎる餃子。 | main | モーニングあたりまえの名古屋で大繁盛という、コメダコーヒーだが。 >>

まあなんと、ここまでわざわざ行くか?ハンバーグだけのために。

ハングリー01

ハングリー03

ハングリー06

ハングリー02

炭火焼きげんこつハンバーグ@さわやか高塚店・浜松・静岡

横浜新道、保土ヶ谷バイパス近くの坂の途中にその店はある。
ハングリータイガー。
和牛100%のラグビーボール型、ほぼレアのハンバーグを
その場でナイフを入れ、ジュウジュウ言わせながらカット、
それにちょっと甘めのソースをかける。
熱で飛び散るソースを避けるため、敷いてある紙ランチョンを屏風のように立てて、
もうもうと立ち上る湯気の先を上から覗く。

こんな料理が大好きで通っていたのに、10年ほど前、
O157に絡む食中毒事件で、レアのハンバーグの提供を一切封印。
特別にお願い、と懇願するも、ごめんなさいの一言だった。
以来店舗数も減少、衰退の一途をたどっていた。
そんな折、最近発見したのが、この「さわやか」というお店。
が、静岡を中心に展開しているお店で、首都圏にはないらしい。
しかも郊外店が中心で、駅から歩けるお店は新静岡と浜松の次の駅「高塚」ぐらい。
わざわざ行ったわけではないが、旅行の途中に立ち寄った。

やり方はほぼハングリータイガーと一緒ではあるが、
お肉そのものは和牛ではなくオージービーフ100%。
ソースはデミグラベースの和風仕立て。
表面がカリカリ気味で中はほぼレア。これです。
250グラムで924円はすごい。
さらにランチならこれにライスとスープがついちゃう。
ハングリータイガーの1/3の値段じゃん。

さわやか Web
ハングリータイガー Web

このブログをご覧になりましたら、下の「ランキングへ」をクリックしてください。
このブログがランキングに登録されるのだそうで、どうぞご協力を。

ランキングへ

ちょっと関わりのある宅配業者
Comment:
Add a comment:









Trackback:
トラックバック機能は終了しました。