<< 人づてに聞いて、なかなか美味しいと思っていたら、大増殖しているらしい鯛焼きや。 | main | まあなんと、ここまでわざわざ行くか?ハンバーグだけのために。 >>

見た目も味も、普通とは異なる超有名グループの、うますぎる餃子。

ファイト01

ファイト02

ファイト03

ファイト04

餃子@ファイト餃子店・巣鴨・東京

相模原の友人がホワイト餃子グループのお店のことをブログに載せていた、
その翌日ちょうど頃合いに、巣鴨庚申塚の駅に降り立ち、振り向くとその店はあった。
お昼のちょっと前という時間帯にもかかわらずすでに、数人の列が。
それ以外にテイクアウトとして冷凍物を抱えていく人もあとを絶たない。
狭くて、決して綺麗とは言えないお店は大繁盛の様相。

ホワイト餃子のグループなのに、店名が「ファイト餃子店」という
しゃれの効いたお店の前で、待つこと15分ほど。
さらに注文から5分ほどで、そのきつね色の物体が運ばれてきた。
調理行程を垣間見ると、通常の餃子と違い、ダイナミック。
小さなフライパンにひたひたに浸した油の中で、
時間をかけてじっくりと揚げられている感じ。

カタチは、香ばしい小籠包なのに、中身ははあたりのいい野菜のジャングル。
なによりもすごいのは、この皮か?
ほのかに甘い皮は香ばしくパリッとしていて、かなり厚めで、歯触り良好。
10個ワンセットで420円は、脱帽状態だ。
ビールに良く合い、即完食。

ただ、一緒にお願いしたラーメン600円は、イマイチ。
餃子が美味しいので、まあ、スープ代わりか?

ファイト餃子店 Web

このブログをご覧になりましたら、下の「ランキングへ」をクリックしてください。
このブログがランキングに登録されるのだそうで、どうぞご協力を。

ランキングへ

ちょっと関わりのある宅配業者
Comment:
Add a comment:









Trackback:
トラックバック機能は終了しました。