<< ウワサに違わず、美味しくて比較的安くて、お店の雰囲気もとてもいい感じ。 | main | 海のものをなぜ?とも思うのだが、京都に行くと必ずお土産に。 >>

すごく美味しいんだけど、とても辛い、けど、本当にハマル美味しさの麻婆豆腐。

雲林房01

雲林房02

雲林房03

雲林房04

麻婆豆腐と担々麺@雲林房・九段下

何でも、神田雲林という有名なお店が始めた担担麺・陳麻婆豆腐の専門店なのだとか。
先日ご紹介した陳麻婆豆腐店との関係も、全く分からないが、取りあえず美味しい。

とんがらしのピリピリの辛さと、山椒(花椒)の痺れる辛さ、
そして全体に濃い味に仕上げているお出汁のバランスが、泣かせるウマサ。
豆腐にもこだわっているらしく栃木から取り寄せているのだとか。
油を落としながら蓮華ですくって、ごはんにかける。
これがまたとても美味しいんだけど、一気に顔から汗が噴き出す。
冷たい水で、舌を浸してみると、その痺れ方がよく分かる。

麻婆豆腐とごはんとスープ、それにもやしの小鉢がついて900円。
辛さはある程度リクエストができるらしい。
また黙って頼んでも、よける鷹の爪の量が日によって、作る人によって微妙に違う。

汁あり担々麺800円は、独特の色を舌歯ごたえのある細麺に、
これでもかというぐらい濃くしたスープにちょい甘からの肉が絡んで、
これまた、えもいわれぬコンビネーションを生み出している。
よくある、ラーメン専門店の担々麺とは、全く違うものだ。
依存性があるのか?最近、ついついはまって通っている。

雲林房Web

このブログをご覧になりましたら、下の「ランキングへ」をクリックしてください。
このブログがランキングに登録されるのだそうで、どうぞご協力を。

ランキングへ

ちょっと関わりのある宅配業者
Comment:
Add a comment:









Trackback:
トラックバック機能は終了しました。