<< 土日祝日しかやっていないお蕎麦屋さんなんて、梅とそばの里、青梅にもあるんだねえ。 | main | ロケーションと細やかな気遣いがありがたい、職人がちゃんと作ってくれるしらす丼。 >>

蕎麦なんてそんなに違いはない、とは言わないけど、なんだかかなり奥深いみたい。

そば吉野01

そば吉野02

そば吉野03

鴨なんセイロ@吉野・東京青梅

蕎麦については、Webの中で大量の蘊蓄を見聞きすることができる。
それぐらい一家言持っている人が多いのか、あるいは単なるブームなのか。
さておき、今回は見るからにスゴイ古民家を利用した
古里の「丹三郎」に行くがあえなく休業、
次に前回紹介の「はら」に行くが、これまた貸し切り。
仕方なく「はら」のすぐ近所にあるお蕎麦屋さん、
十割そばを掲げる「吉野」に行くことになった次第だ。

これがまた、様々な意味ですごいお蕎麦屋さんだった。
現在のJAS法による「なんちゃってそば」見分け方などが
店の中に表示してあって、それだけ読んでいてもおもしろい。
そばは、産地、品種、つなぎなどにより味が大きく違うが、
どうやら挽き方によっても大きく違うらしい。

普通の上級そばは、石臼の低速挽きらしいが、
その上が「胴搗き」というやり方らしい。
いわゆる時代劇の水車小屋の中でトントンいう、あのシステムらしい。

ここ、「吉野」のお蕎麦は、
八割そば、臼挽き、国産外国産混合そば粉で、ざるで800円。
十割そば、胴搗き、北海道産そば粉で、ざるで1,200円。
今回お願いしたのは十割の鴨南セイロ1,600円。

まずビールをお願いするとつき出しに出してくれたのが里芋の煮もの。
それをいただきながら待つこと15分ほど。
最初にえらそうに蕎麦だけいただくと、ほぼ生粉打ちに近い舌触りと弾力。
細さの割にかなりしっかりしたお蕎麦で、量的にもけちけちしていないのがいい。
付け汁も鴨の臭みもなく、ねぎの香りもほどほどで、なかなかいい。
基本のお醤油そのものも美味しいのかな?

蕎麦で、このクウォリティーで1600円。
私個人的には、微妙な立ち位置ではあると思う。
が、もし私が作ったのなら2,500円ぐらいは欲しいところだったり、
なんとも微妙な、それでいてすごいお蕎麦屋さんだった。

吉野の紹介Web

このブログをご覧になりましたら、下の「ランキングへ」をクリックしてください。
このブログがランキングに登録されるのだそうで、どうぞご協力を。

ランキングへ

ちょっと関わりのある宅配業者
Comment:
Add a comment:









Trackback:
トラックバック機能は終了しました。