<< 伝統のホテルが作るものすごーく美味しくて滑らかなプリンは、値段でもちょっととろける。 | main | 蕎麦なんてそんなに違いはない、とは言わないけど、なんだかかなり奥深いみたい。 >>

土日祝日しかやっていないお蕎麦屋さんなんて、梅とそばの里、青梅にもあるんだねえ。

はら01

はら02

はら03

はら04

天せいろ@はら・東京青梅

最近、脱サラして趣味でお蕎麦屋さんを始める、オジサンが多いらしい。
このお店がそうだとは言わないが、そんな味を醸し出している。
綺麗に手入れされた前庭、オーナーである武井家の展示館にもなっている蔵、
そして民家をそのまま使っているお店。手作りのWeb。
しかも、いまどき休日しかやっていないというその余裕。

ビールをお願いすると平蕎麦の素揚げがおつまみに出てきた。
それをいただきながら手入れされた庭に目をやりながら約15分ほど。
お盆に盛られた蕎麦セットが運ばれてくる。
このボリウムで天せいろ1,000円というのは、ありがたい。
地元の季節を活かした小鉢もからっと揚がった天ぷらも、美味しい。
もちろん、石臼引きというお蕎麦もそつなく美味しい。
可能なら蕎麦はもうちょっと香りがあってもいいと思うが、
訪れたのが、昨年の梅の季節が終わった頃なので仕方がないか。

蕎麦の専門家ではないのでえらそうなことはかけないが、
愛想のいいスタッフとゆったりした佇まいとで、お蕎麦も美味しくなる。
そんなふうに思えるお店だった。

はらのWeb

このブログをご覧になりましたら、下の「ランキングへ」をクリックしてください。
このブログがランキングに登録されるのだそうで、どうぞご協力を。

ランキングへ

ちょっと関わりのある宅配業者
Comment:
Add a comment:









Trackback:
トラックバック機能は終了しました。