<< だからどうした?といわれなくもないが、一生に一度ぐらいは食べたい天然かき氷。 | main | 大阪のコナモン文化は深くて深くて、おいしくて笑顔になる。 >>

辛さにも2種類あるということを思い知らされる、おいしい麻婆。

陳建一麻婆
陳建一麻婆スープ


正宗麻婆豆腐@陳建一麻婆豆腐店・東京木場

脳みそがその辛さを覚えていて、また行ってしまった。
唐辛子と山椒の辛さの違い。
いきなりガツンと来る辛さは唐辛子、
あとから奥からピリピリ来る辛さが本場中国の山椒なのだとか。
これらをバランス良くおいしく作ってくれている麻婆豆腐、これはいけます。

とくに正宗麻婆豆腐という、中国の花椒(花山椒)を使ったもの、
これは、とにかく辛いんだけど、はまる美味しさ。
その辛さ自体も選べるんだけど、辛い。でもおいしい。
メニュー立てにウチワがおいてあるのもうなずける。

おかわり自由なスープ付きで、ランチ1050円。
予算に余裕があれば杏仁豆腐もこれまたおいしい。

Webを調べたら、赤坂の東急プラザにあるお店などとは系統が違いみたい。
まあ、日本の四川料理の祖である陳県民さんは息子さん以外にも
たくさんのお弟子さんがいるので、いろいろあるのかな。

木場にある陳建一麻婆豆腐店の紹介Web
陳麻婆豆腐店のWeb

このブログをご覧になりましたら、下の「ランキングへ」をクリックしてください。
このブログがランキングに登録されるのだそうで、どうぞご協力を。

ランキングへ

ちょっと関わりのある宅配業者
Comment:
2012/06/08 1:02 AM, へんどりくす石井 wrote:
昨日麻婆豆腐たべて、今日、お好み食べたんだけど、なぜかかぶりましたねぇw
2012/06/09 11:15 PM, axera wrote:
「かぶる」それは、宇宙の節理。なんちゃって。そうそう、もう一軒九段にも美味しい麻婆の店を発見しているので、近々載せますね。
2012/06/09 11:15 PM, axera wrote:
「かぶる」それは、宇宙の節理。なんちゃって。そうそう、もう一軒九段にも美味しい麻婆の店を発見しているので、近々載せますね。
Add a comment:









Trackback:
トラックバック機能は終了しました。