<< コナモンのくにのコナモンの中のコナモン、奥が深くて笑える。 | main | 確かに美味しいし、絶妙のバランスの上に成り立つこれだという味ではあるが。 >>

私にとって幻のラーメンは、意外とあっさりだけどちょっと高かった。

@白山ラーメン1

@白山ラーメン2

ラーメン@白山ラーメン・文京区白山下

もうずいぶんと昔から語られているラーメン屋さん、
ということで知ってはいたのだが、夜しかやっていない、
ということで私にとっては幻という魅力を持ったお店だった。
麻布ラーメン、香月、恵比寿ラーメンなど屋台の雄がどんどん店舗化していく中、
代替わりはしたものの、ほぼ昔のままやっているのだという。

カウンタだけで、客は全員外で立ち食いになる。
テーブルなどは一切ない。雨の日はどうするのだろう?
一番近い駅が都営三田線の白山なのだが、9時過ぎぐらいかららしいので、
果たして電車で来る人はいるのか。
実際には知っている人が車で来るというケースが多いようだ。

さておき、ラーメンは細麺で、鶏豚のスープに背脂という、
見た目こってりなのだが、食べてみると以外とあっさり、
そんなよくできたラーメンだ。
ゆで卵が丸々一個は行っていて、全体のバランスとしては
抜群なのだが、なんだか「特別さ」に欠ける。
相まって、これで700円という値段を考えると
またくるかといわれるとちょっと?マークがついてしまう。
ちょっと厳しすぎる評価か。

白山ラーメン紹介Web

このブログをご覧になりましたら、下の「ランキングへ」をクリックしてください。
このブログがランキングに登録されるのだそうで、どうぞご協力を。

ランキングへ

ちょっと関わりのある宅配業者
Comment:
2010/07/30 11:57 PM, いがちゃん wrote:
白山ラーメンは屋台の頃から行ってました。しかし、ラーメンでビル建てたのはすごいよね。近頃更新無いねー。
2010/10/16 12:45 AM, axera wrote:
更新はまもなく開始します。
と言うか、ちょっとバタバタしていたので、
ここの、優先順位が落ちていました。
請うご期待。
Add a comment:









Trackback:
トラックバック機能は終了しました。