<< いかにも素朴、いろといい形といい歯ごたえといい、が、テンコ盛り。 | main | 私にとって幻のラーメンは、意外とあっさりだけどちょっと高かった。 >>

コナモンのくにのコナモンの中のコナモン、奥が深くて笑える。

ゆかり01

ゆかり02

ゆかり03


オムレット焼きそばとネギ焼き@ゆかり・大阪曾根崎

えらそうにいえた義理ではないのだが、
お目当てのねぎやき店「やまもと」がたまたま閉まっていたので、
仕方なく阪急東通り商店街を歩いて見つけた、ピンチヒッターのお店。
店の前に微妙に客が並んでいるのが、決定した理由だった。

それにしても驚かされるのは、大阪の味のソツのなさ。
コナモン文化の大阪にあって、なんとも奥の深さを感じる。
とにかく外さないのだ。このありそうでなかったオムレット焼きそばにしても、
期待せずに頼んだスジのネギ焼きにしても、とにかくおいしい。
想像通り味が濃く、ビールに良く合うのだが
がんばれば、ごはんのおかずになるというのも肯ける。

もちろん、九条ネギてんこ盛りの激ウマ「やまもと」と比べるのは酷なのだが、
ちょっと甘めのスジとこんにゃく、それにあっさり系のマヨネーズが
なかなかの味を出している。
これで、もうちょっと値段がこなれていれば文句なしなのだが。
うちからしたら、「おこのみやきでこれかい?」という価格だ。
調べてみると関東にも三店舗ほど出店しているらしい。

ゆかりWeb

このブログをご覧になりましたら、下の「ランキングへ」をクリックしてください。
このブログがランキングに登録されるのだそうで、どうぞご協力を。

ランキングへ

ちょっと関わりのある宅配業者
Comment:
Add a comment:









Trackback:
トラックバック機能は終了しました。