<< 元祖と本家、みたいな笑えるカラクリがあった京都の名物お菓子。 | main | コナモンのくにのコナモンの中のコナモン、奥が深くて笑える。 >>

いかにも素朴、いろといい形といい歯ごたえといい、が、テンコ盛り。

くに一1

くに一2

鴨つゆうどん@くに一・埼玉新座

とにかく笑えてしまう、というかイマドキこんなお店が、
と思わせてくれる、そんな感想イッパイのうどん。
場所は、野火止の平林寺の近く。
店に入ると券売機でまずメニューを選ぶ。
ふと後ろを見ると「中盛り」を頼んだ若者が躊躇している。
ということで鴨つゆうどんの小盛りをお願いした。
760円。

写真のこれがあくまで小盛なのだ。
ちょっとグレーがかった不揃いの麺は、都会では考えられないぐらい、
お皿にてんこ盛りでやってくる。
讃岐のそれをイメージすると大きく外すが、
これはこれで柔なもちもち感がなかなかおいしいと思う。
この麺がおネギの香りとちょっと田舎くさい醤油味に似合う。
家族だけで切り盛りしている、そんな家庭的なお店は、
いかにも田舎の食堂風の出で立ちだ。

日曜日の午後2時になろうとする時間、既に麺は売り切れで、
閉店の看板が出された。
それと同時に、無謀にも「大盛り」を頼んでいた体格のいい若者二人、
ビニールの袋をもらい、余った麺を詰め始めた。
笑える光景だ。

くに一紹介Web

このブログをご覧になりましたら、下の「ランキングへ」をクリックしてください。
このブログがランキングに登録されるのだそうで、どうぞご協力を。

ランキングへ

ちょっと関わりのある宅配業者
Comment:
2010/03/17 3:20 AM, うり wrote:
おいしそ過ぎます11
2010/03/17 9:27 AM, あぐり wrote:
これ!地粉を使っていますよね。(無漂白)
私の実家で打つうどんそっくり!
ちょっと、腹を満たすっていうより、腹一杯にして!系ですね。
食べたいなあ〜!
2010/03/17 11:51 PM, axera wrote:
うりさま、あぐりさまどうもです。

ホントに見た目よりけっこういけるんです。
まさに地粉うどんまんま、という感じ。
よく調べてみると関東一円にけっこううどん文化が広がっているみたい。
もちろん、空っ風のあぐりさんのふるさともそうですが、
東村山もそうですし、水沢うどんもそうですしねえ。
Add a comment:









Trackback:
トラックバック機能は終了しました。