<< またまたの吉祥寺いせやは、風向きの関係で、煙に巻かれず楽しんだ。 | main | こういうお店に当たると、日本の食文化はいいなあ、と、素直に思ってしまう。 >>

まがい物かなあ、などと思ったらホンモノだった。唸らせる鶏料理は絶品。

伊勢ろく上野親子丼
伊勢ろく上野ぼんじり
伊勢ろく上野親ささみ

伊勢ろく上野親子丼2

親子丼と鶏料理@伊勢ろく・上野

前回が吉祥寺のいせや、だからというわけではないが、
上野の美術館にいて、その帰りに急に親子丼が食べたくなり、
松坂屋に向かったら、目指すお店がなくなっている。
仕方なく御徒町界隈をぶらぶらしていると「伊勢ろく」の看板を見つけた。
しかも開店したばっかりらしい。まがい物かなあ、と思いつつ、
聞くと7月31日に開店したばっかりとのこと。
御徒町の「伊勢」も、松坂屋地下の「伊勢ろく」もやめて
この上野店になったらしい。

しかも開店セールとして8月23日までビールを含めドリンクが半額、
しかもランチ時は親子丼が半額の340円で食べられるらしい。
たまたまいった時間が、夕方だったので、そのまま焼き鳥もいただいた。
ただし、親子丼はスープと小鉢もついているが、960円だ。

お願いしたのは鶏焼きセット850円、
ぼんじり、250円、たたき400円、それに親子丼、
ビール中生半額を3杯、それに二人分のお通し。
しめて2780円。

まずなんといってもササミが美味しい。
それに叩きはやはりレアにしてもらって、わさびでいただく。
これまた絶品。それに親子丼、人によっては、甘い、という批判もあるが、
うちのストライクゾーン、ど真ん中だ。

詳しく話を聞くと放し飼いの若鶏を、その日店に使う分だけ、
朝絞めて、出すらしい、だから生でも十分楽しめるのだとか。
ただし、当日はまだ開店3日目、ということもあり
注文の滞りなどもあり、ホスピタリティはイマイチだった。
こりゃいいわ、ということで、近日、半額のうちに
今度は親子丼のランチバージョンを戴きに行こうかと思っている。
美味しい鳥屋さんに「いせ」の名前がついているのは偶然かなあ。

上野店がまだない伊勢のWeb

このブログをご覧になりましたら、下の「ランキングへ」をクリックしてください。
このブログがランキングに登録されるのだそうで、どうぞご協力を。

ランキングへ

ちょっと関わりのある宅配業者
Comment:
Add a comment:









Trackback:
トラックバック機能は終了しました。