<< 何とも愛想のいいおばちゃんが、看板娘の田舎のそば屋さん。 | main | とっても複雑な歴史を持つ、おいしいけどチョト考える220円の豆大福。 >>

私は、それでもこの赤福をやめられないかもしれないなあ、と希望的観測。

赤福食べかけ

赤福@ニュースになってしまった三重県

甘い物好きの我が家で、1,2を争うお菓子、それがこれだった。
名古屋方面にいくときにはほぼ100%買い求めるし、
東京で催される物産展などでも、わざわざ出かけていって買う。
朔日餅という毎月1日に伊勢の本店だけで売り出すお菓子、
まだ食べたことのないので、ぜひ食べたいと思っていた。

そこで今日の製造日偽造ニュース。
にわかには信じたくないが、不二家の事件が発覚した時点で
改善していたということは、確信犯でもあるのかも知れない。
大好きだっただけに、残念と思いつつも、気持ちは複雑。
確かに、本店でいただく赤福は別格だ、などと夫婦で話していたこともある。
ものによって、下に敷いてある銀紙にしつこく絡まるものと
比較的簡単にとれるものがあるということも話していた。
これが、今回の事件で発覚した冷凍品と関係あるのかはわからないが。

それでも襟を正して、再出発して欲しいと思っている。
大好きなだけにかなりの思い入れはあるが、
赤福は他に代われるものがないのだ。
順調に話題になっている「おかげ横町」のためにも
赤福にはがんばって貰わないと。

株式会社赤福

旧ブログはこちら
このブログをご覧になりましたら、下の「ランキングへ」クリックしてください。
このブログがランキングに登録されるのだそうで、ご協力を。
ランキングへ

こちらパワーブログランキングもクリックしてみてください。
Comment:
2007/10/13 5:38 PM, いがちゃん wrote:
ま・麻薬だ

僕もそう思う。やめられへんな。
2007/10/13 8:12 PM, う wrote:

死ぬわけじゃなし、比較で言えば罪は軽いとも思うし、赤福ファンは裏切られたとも思うし。

取り締まる役所自体がインチキですから。

血液製剤でウソつきまくったのは厚生労働省だし、狂牛病のアメリカ牛肉を押し通したのは農水省だし。
極めつけは、原発直下の活断層を甘く見ていたお役所。

お上からして、ズル体質な日本。中国産の食品問題は、対岸の火事ではないと思います。
2007/10/14 12:38 AM, axera wrote:
そう、赤福は麻薬に近いかも…
我が家にとって、依存性が高すぎた(笑)
特に世の中のあんこファンは今回の事件で、
がっくり肩を落としているはず。
ただ、その麻薬と手を切ろうというヤツが、何人いるか。

でも、厚生労働省の騙しと違って、大して実害がない、
このあたりが、今回のニュースのミソだと思うよね。
もっとも、赤福の釈明はちょっといただけなかった。
あまりにもお役所的すぎてね。
「認識していなかった」なんてのは官僚の言葉だもんねえ。
謹製と書いてあったら、その日が製造日と思うもんねえ。

代々木公園にMDの一部のパトリオットが整備されるという、噂。
もし私が敵だったら、東京なんか狙わずに
刈羽とか、泊、玄海、伊方とかを狙うもんねえ。
もしそうなっても彼らはやっぱり
「認識していなかった」なんいうんだろうねえ。
ああ、おそろしや。
Add a comment:









Trackback:
トラックバック機能は終了しました。
2007/10/13 9:03 PM
■ニュースのことば 赤福餅 , 赤福 , JAS法 , おかげ横丁 , 伊勢神宮 , 赤福の赤太郎 , ミートホープ , 白い恋人 , ■赤福 ・「赤福餅」ちょっと一口(ひとこと) 「赤福餅」製造年月日を偽っての表示、販売の偽装(日本農林規格・JAS法違反)だという。 中学生時