<< 食べようと思っていてもなかなかタイミングが合わない、そんな讃岐うどんの雄。 | main | 讃岐うどんブームの東京での仕掛け人的お店 with讃岐トリップ。 >>

そんなこと言われたって、あたしゃ、端っからなまけ者だいって。

なまけ者になりなさい

なまけ者になりなさい@芋焼酎・稲田屋本店

言われなくたって、なまけ者の私は、
このお酒を息子から父の日のプレゼントで貰った。
何とも複雑というか、当たってるというか。

この焼酎、山陰の酒蔵の雄、稲田屋本店の造る芋焼酎なのだが、
今はやりの黒麹ではなく、日本酒と一緒の黄麹で造られた、
なかなか、酒蔵ならではの逸品なのだ。
だから、口当たりがよく、すっきり、そして軽い。
以前日本酒でブームだった、寒梅、八海山などの
さらさら系と表現すれば当たっているかも知れない。
でもさすが、稲田屋、ちゃんと美味しい。こくとキレもある。

パッケージは地元境港出身の水木しげる先生が描いている。
ファンならずとも、お酒の味以上に嬉しい演出ではある。
それでいて、「なまけ者になりなさい」だもん。

稲田屋本店のお酒

旧ブログはこちら
なななんと、下のランキングをクリックすると
このブログがランキングに登録されるのだそうで、ご協力を。
ランキングへ
Comment:
2007/07/26 4:31 AM, うり wrote:
へ〜。あれ、美味しいんだ。水木先生の笑いをとるだけじゃないんですねえ。
でも、悪天さんは、怠け者じゃないですよね〜!何にでも、積極的。
対して、わたしは、「怠け者をやめなさい」ですねえ。
2007/07/26 11:15 AM, axera wrote:
そうなんですよ。
下チャンのふるさとのお酒でも、焼酎だから正直期待はしていなかったんだけど、
意外と美味しくてねえ。
軽いと言えばそれまでなんだけど、さすが酒屋さんがちゃんと造ってるなあって。
怠けていない証拠だ(笑)
Add a comment:









Trackback:
トラックバック機能は終了しました。