<< どこ?といわれなくても難波の高島屋の脇に行くと行列でわかる、チーズケーキ。 | main | そんなこと言われたって、あたしゃ、端っからなまけ者だいって。 >>

食べようと思っていてもなかなかタイミングが合わない、そんな讃岐うどんの雄。

丸香釜玉

丸香@讃岐うどん・東京神保町

ちょっとした讃岐うどんブームは、
是非は別にして、ある意味うどんの見直しにつながっている。
駅の立ち食いでも、空腹を満たせばいい「うどん」の立場を
たとえばバランスのとれた関西系、伊勢うどんのようなくちゃくちゃ系、あるいは
レアというか半生スタイルの味噌煮込み系、のどごしつるつるの代表稲庭や対馬系、
強烈なコシと角をもつ水の吉田系などと、
バリエーションを楽しめるぐらい余裕が出てきた。

その中でもやはり代表格は、香川の讃岐系で
今までも紹介した新宿の麺通団、銀座のさかた、と、やはりここだろう。
いりこだし中心のあっさりだけどこくのある、
それでいて口の中でもわかる角の立っているもちもち麺。
味的にはここが一番好きな店ではあるが、
従業員に若干癖がある。というか客を大事にしていない感じがする。
ひどくはないのだが、もうちょっと丁寧でもいいような気がする。
しかし、お店はいつでも行列。
なかなか普通の時間に行ったんでは、ありつくまで時間がかかるようになった。
しかも、だいたい7時過ぎには閉店になってしまう。

そんなこんなで、せっかくいいお酒もたくさん置いてあるのに、
その出番がなかなかないのが残念。
昼間っから日本酒をいただくのもねえ。とは思っているんだけど。

丸香紹介Web

旧ブログはこちら
なななんと、下のランキングをクリックすると
このブログがランキングに登録されるのだそうで、ご協力を。
ランキングへ
Comment:
Add a comment:









Trackback:
http://tabelog.axera.org/trackback/485201
2007/10/30 9:59 PM
とりあえずこの付近のうまい!とされている、 讃岐うどんはすべて食べてクボログ...